防犯能力を上げる

住宅

横浜警視庁の調べによると、住宅犯罪に巻き込まれた件数は、六千件を超え、そのうちの20%以上は一戸建てやその他の住宅が含まれます。その他には、賃貸住宅も含まれており、他人ごととは思えない程恐ろしい結果となりました。ピッキングとは、鍵の構造を理解している人物が行なうもので、一般住宅の鍵穴だと簡単に開けられてしまう可能性があります。そのため、ピッキング被害を防ぐためには侵入しようとする者を阻止出来るような質の高い鍵にしなければいけないため、横浜でも鍵交換に定評のある専門業者の利用が好ましくなるわけです。

横浜でも増えている鍵の犯罪は、されやすい家とされにくい家があります。最も鍵トラブルに巻き込まれやすいタイプは、回すだけで簡単に開いてしまう鍵で、ピッキングに慣れている方だと数分で開けてしまいます。特に昔から使われているものは、よりピッキングのしやすい仕組みになるため、被害が拡大すると思われます。横浜の住宅に多いディスクシリンダーは、クの字の形になるオーソドックスなタイプで、普及率もかなり高いです。また、ピッキングを行なう人物はどの鍵穴が開けやすいのかを知っているため、犯罪に巻き込まれないためにも早急に横浜の業者へ依頼をし、対策をする必要があります。尚、ベストなタイミングは今ですが、やはり鍵を紛失した時でしょうか。どのような形で紛失した鍵を拾われ、侵入されるかわからないため、ピッキングのされない鍵にチェンジするチャンスだと言えます。